FC2ブログ

広告生活、改めコンサル生活

広告業界からコンサル業界へ転身した30男の暇つぶし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京電力 全国で電力小売参入へ 

再来年をめどに始まる電力小売りの全面自由化を見据え、東京電力は、ことし10月から全国で電力の小売りに乗り出すことを決めました。


詳細 NHKニュース 2013年5月22日

2016年の電力小売完全自由化を見据えて、東電が越境売電を決定した。一方、中電はダイヤモンドパワー、関電はケネスといった子会社を経由して首都圏での小売参入を決めている

日本では戦後10の電力会社が各地域で独占的供給を行ってきたが、1990年代に電力の高コスト構造・内外価格差の是正を目的に、1995年より電力自由化が始まった。いわゆる新電力にも電力小売が解禁され、小売自由化の対象は大規模工場から小規模工場やマンションへの電力一括供給まで範囲が広がったものの、電力量ベースで既存契約の63%に留まっているとのこと。(Wikipedia「電力自由化」より)依然、一般家庭や商店などの電力量の38%を占める小口の需要家が電力会社の独占的供給の下にあり、2016年の電力小売完全自由化というのは、小売自由化の対象を小口の自由化まで拡大するというものだ。

原発再開のめどが立たず電力会社の経営は苦しくなり、総務省からの圧力も強まる中、既に中電はダイヤモンドパワー、関電はケネスといった子会社を使って、市場規模が大きい首都圏への小売参入を表明している。
東電としても原発の廃炉や避難区域居住者への保証、除染作業等の資金を捻出する新たな収益源の確保のため、首都圏以外での小売進出を決定したとのこと。

原発という競争力のある電力を持たず、顧客基盤のない地域で東電にどの程度勝ち目があるのかはまったく未知数ではあるが、電力業界における競争の激化は避けられない状況であり、守勢に立たされる電力会社と攻める新規参入者の戦いからは目を離せない。

スポンサーサイト

[ 2014/05/23 17:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広告生活、改めコンサル生活

Author:広告生活、改めコンサル生活


九州芸術工科大学卒
パッケージデザインの授業で、「マーケティング」と出会う。

新卒でメディア・プランナーに。

マーケティング・コンサルタントへ転身。

経営コンサルタントへさらに転身。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。