FC2ブログ

広告生活、改めコンサル生活

広告業界からコンサル業界へ転身した30男の暇つぶし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファームドゥ(2014年5月22日放送カンブリア宮殿より) 

数千軒もの中小零細農家を組織し、新鮮な野菜を24時間以内に首都圏に届ける仕組みをつくり上げ、農家と消費者双方にメリットをもたらしている。今までにない全く新しいアプローチで農業に変革をもたらすファームドゥのビジネスの全貌と、そこから見えてくる日本の農業の可能性に迫る。


詳細 2014年5月22日放送 カンブリア宮殿


ファームドゥ株式会社のビジネスモデル
①北関東の農家から消費者への直接販売(農協を通さない)
②新鮮な野菜を産地から市場まで迅速に輸送する物流
③農協との取引とは異なる仕組み


①北関東の農家から消費者への直接販売(農協を通さない)
ファームドゥは約5000軒の農家と契約し、群馬から首都圏へ毎日野菜を出荷。首都圏の野菜専門小売店を自ら契約し、野菜の新鮮さと種類の豊富さを強みにしている。

②新鮮な野菜を産地から市場まで迅速に輸送する物流
群馬の農家は午前2時から収穫を開始。群馬県内の物流拠点に集約され、午前6時には出荷。午前9時ごろには東京の店舗へ届く。夜中の収穫により乾燥を防ぐことができ、東京へ毎朝新鮮な野菜が届けられる。

③農協との取引とは異なる仕組み
農家は野菜の価格を自由に設定できる。また出荷量も自由で、どの店舗に出荷するかもすべて農家の自由に決められる農協を通す場合、価格は市場の相場によって決められ、出荷量も一定以上と決められている。

スポンサーサイト

[ 2014/05/25 17:47 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

広告生活、改めコンサル生活

Author:広告生活、改めコンサル生活


九州芸術工科大学卒
パッケージデザインの授業で、「マーケティング」と出会う。

新卒でメディア・プランナーに。

マーケティング・コンサルタントへ転身。

経営コンサルタントへさらに転身。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。